入籍 疑問

結婚式は後でも入籍だけ済ませておく

結婚式はしないで、入籍だけ済ませるというカップルも近年多くなってきています。
結婚式を行うにも結婚式費用など意外と高くつくものでもあるので、お金に余裕がないときには、生活のほうが優先されてくるので、無理をする必要もないからでもあったりします。

それに、結婚式というものはそんなに焦って、今すぐに実行しなければいけないものでもないのです。
結婚することを決めた時点で、費用などが用意されていない場合には結婚式は保留にして、入籍だけしておくということもできるのです。
とりあえず、結婚する際には籍を入れておけくことができれば、正式に夫婦になることもできるのです。なので、結婚式は後回しにしても大丈夫でもあるのです。

未成年で入籍をする場合

未成年のカップルで入籍をする場合、お互いに未成年であれば、親の許可をもらうことも必須になってきます。
親といっても両親ではなくても、片親の許可を得ることができれば、籍を入れることはできます。
片方だけが未成年だった場合は、その未成年者はもちろん、同様に片親から許可を得て入籍することになってくるのです。

ただ、未成年者だと結婚するまで仕事もしていて自立している場合を除くと、親の扶養家族に入っていることが多いのです。
そのため、入籍することで法律的には成人と同じような扱いをされるようなことになってくるのです。
それに新しい家庭ができたことにもなって、納税が年金などもかかるということも多くなってくるわけなのです。